子育て

妊婦さんの食の好みの変化。”酸っぱい”にもいろいろと種類があってだな。

こんにちはノアです。

今回は子育ての記事です。と言ってもまだ産まれてはいませんが。
ウチの奥さんは現在妊娠6ヶ月で、最近やっと「安定期」と呼ばれる時期に突入したようです。安定期に至るまでの「食の好みの変化」がなかなか興味深かったので、自分の記録のためにも記事にまとめておこうと思います。

妊婦さん(妻)が食べたがったものリスト

初期その1(8週目~9週目)最初の酸味、みかんブーム到来。

  • みかん
  • フルーツゼリー
  • フルーツ味のグミ
  • フルーツ系のアイス
  • オレンジジャム(マーマレードではなくオレンジ)
  • ぶどう

拍動が確認され、悪阻が始まりました。奥さんの場合は「食べづわり」だったようで、何かを食べている間は気分が良い(それ以外はとてもつらい)時期でした。
コンスタントになにがしかを食べていたいと思うと同時に、口の中をさっぱりさせたいと思っていたようです。最初に訪れたのはみかん(柑橘系)ブームでした。

【食事】温かいものが少しずつNGにになる。
パンとスープ、パスタなどがお気に入り

初期その2(10週目~11週目)有名なポテトブーム襲来。

  • オレンジジュース
  • パインジュース
  • グレープフルーツジュース
  • ヨーグルト飲料
  • さっぱり系のアイス
  • ポテトチップス
  • ゼリー飲料
  • 和菓子

「果物のみかん」そのものに対する欲求が収まり、代わりにフルーツジュースのブームが始まりました。最初のリクエストはオレンジジュースでしたが、ヨーグルト飲料も同時期にリクエストが増えました。買い物のたびに、違うスーパーに立ち寄り、オレンジジュースのメーカーを変えたり、パインジュースやグレープフルーツなど、バリエーションを変えながら対応していました。

またこの時期、ネットでよく見ていた「無性にポテトが食べたくなる」ブームが奥さんにも襲来しました。各社のポテトチップスの塩味を買い揃えたり、夕飯にジャーマンポテトを買って帰ったり、休みの日にジャガイモを炒めたりと、穀物・穀物・酸味・穀物な時期でした。

【食事】温かいものがNGにになる。
冷やし中華、冷やしラーメン、冷やしうどんがお気に入り

初期その3(12週目~13週目)突然の梅干しブーム発生。

  • 梅干しのシート
  • 梅味のタブレット
  • 梅味のポテトチップス
  • 梅味の柿の種

さて、ポテトブームから2週間ほど経って、酸味の好みがガラッと変わりました。奥さんはどちらかというと【パン党】なのですが、ある日の帰り道「今日は梅おにぎり買ってきて!」と連絡が入りました。その日以降、梅おにぎりと「梅味のなにか」を買って帰る日々が始まりました。

梅しばり」で食べ物を探したことがないので、最初は戸惑いましたが、始めてみると面白いもので、こんな物まで「梅味」が有るのか!?なんて発見も結構ありました。
中でも梅のタブレットは私も気に入って、今でも度々買ってます。

【食事】周りで温かいもの(湯気がでるもの)を食べるのがNGになる。
梅おにぎり、冷めたお味噌汁がお気に入り

初期その4(14週目~15週目)寝ても覚めてもつらい時期~実家待機

  • オレンジジュース

この時期は傍から見ていてもつわりが酷い時期で、義両親に相談して、いっとき実家へ避難させてもらいました。家の家事(ができないこと)を気にすることなく、規則正しく3食たべて1日を過ごすことができて、とても感謝しています。

【食事】実家に避難したことにより、3食欠かさず食べるようになる。
そうめん、冷や麦、冷めたスープがお気に入り

中期(16週以降~)

  • 酸っぱいものブームが終わる。
    (ただし、吐きづわり?が始まる。)

まとめ

安定期に入るまでの間、夫として出来ることは、「毎日、奥さんが食べられるものを買って帰る」ことでした。妻の妊娠が発覚してからというもの、子育て雑誌やサイトを読みあさっては、妊娠の週数ごとの体調の変化と「食べたほうが良いもの/悪いもの」を頭に叩き込んだのですが、眼の前の奥さんの状態とは、なかなか一致はしませんでした。
今回の記事は体験談の1つに過ぎませんが、つわりに苦しむ奥さんを持つ旦那さんにとって有用な情報になれば幸いです。

それでは今回はこのへんで、お先に失礼します!

 

ABOUT ME
アバター
angelion
実務で使えるExcel-VBA、Word-VBA、VBSの小技を紹介します。またPC関連の時短グッズや子育て日記なども書きます。