手縫い糸の毛羽立ち防止!ロウ引きの方法 他(レザークラフト初心者講座)

ロウ引き 未分類

レザークラフトの手縫いは、縫う前に針と糸の下準備が必要です。

丁寧に糸にロウを引いておくと、縫い穴への通りがよく、切れにくい丈夫な糸になるため、手縫いも進め易くなります。また、糸の毛羽立ちや緩みも無くなり、ステッチの見栄えがグッと良くなります!

また、レザークラフトの縫い針は、手芸で使う針とは異なり、先端が尖っていません。その縫い針を1本の糸の両端につけて縫うことが特徴です。

この記事では手縫いをする前に必要不可欠な、針と糸の下準備の方法をお教えします。

ロウ引きに必要な道具

縫い針

縫い針

初心者向けの基本セットにも入っていますが、単品でも安く買えるので、4本~5本を買ってしまうと良いでしょう。レザークラフト用の短い縫い針が5本セットで180円ほどで売っています。

縫い糸

糸

予めロウ引きされているものもありますが、白・黒・紺・ベージュなど色数が限られています。作品に使いたい好きな色の糸を用意しましょう
写真はビニモという糸です。(東急ハンズで420円で売っています。)

ロウ

プロワックス

ロウには大きく分けて3つの種類があります。石油から抽出して作るパラフィン、松の樹脂から作る松脂(まつやに)、ミツバチの巣からつくる蜜蝋(みつろう)がそれです。

個人的なオススメは、レザークラフトショップで簡単に手に入る蜜蝋です。

写真はプロワックスというロウ引き用の蜜蝋です。
(東急ハンズで297円で売っています。)

縫い針の準備

針の先端を紙やすりでヤスリがけして、丸くします針を寝かせると却って尖ってしまいますので、針を立てるように持ち、先端を潰すイメージでグルグルと円を描くと上手くいきます。

糸の両端に付けるので、2本の針の先端を潰しておきます

針の先端を丸くする針の下準備完了

縫い糸の準備

平縫いの場合、縫う長さの3倍から4倍程度の糸を用意します
クロスステッチで縫う場合は、4倍から5倍の長さが必要です。

私は最初に糸をケチってしまい、縫いたい長さを縫いきれず、結局かなりの長さの糸を無駄にしてしまいました(涙。レザークラフトの場合、たとえ縫う長さがとても短くても、あそびの糸が必要になりますので、慣れない内は、気持ち長めに糸を取ることをオススメします。

針穴に糸の先端を通す

糸通し

レザークラフトの腕云々以前に、指先の器用さが問われる作業です
私自身はまだ老眼では有りませんが、趣味を楽しむには健康であることが第一条件ですね。
手元用のルーペとライトが売れている理由が、40歳を手前に少しずつ実感として分かってきました(苦笑。

糸を引き出す

先端を通したら、今度は針の長さの2倍程度に糸を引き出します
針の長さの2倍

針を糸に刺す

先端から5cm程度のところで針を糸に刺します。写真のように2回刺しておきます2回刺す

糸の真ん中あたりを狙って刺せるようになると最高です。慣れるまで練習有るのみです。

針穴から糸を引く

刺した糸を針穴の方にズラし、針穴から糸を引きます。
刺した糸を針穴の方に

糸の先端を針穴より下で引っ張ります。すると糸のヨリの中に糸を通すことが出来ます。
糸の先端を針穴の

もう一方の端も同様にして、糸の両端に針がついた状態にします。

ロウ引きをする

糸を手縫いワックスに押し当てて、一方から引きながら擦りつけます。

このとき、絶対に左右にゴシゴシ擦りつけないようにしてください。糸がよれてしまいます。あくまで1方向に引っ張ることを3回~4回繰り返します。

まとめ

いかがだったでしょうか?
ロウ引きをすることで、ヨリが戻りにくくなります。特にビニモは滑りやすい糸なので、ロウ引きをすることで緩み防止にもなります。ロウ引きしていない糸は、是非ロウを引いてから使うようにしましょう。

私自身、レザークラフトを趣味にするまでは、家庭科の授業くらいでしか、針と糸を持たずに生きてきたので、手順にある「針を糸に刺す」意味が分かりませんでした。(玉結びとか玉止めで四苦八苦した思い出。。。)

また、必要な道具としては特に書きませんでしたが、指ぬきが有ると、指を痛めず作業できるのでオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました